DESIGN,TURF,ROLLER,スポーツ・アウトドア , ゴルフ , バッグ・ケース , キャディバッグ,帆布風,/microbe91243.html,朝日ゴルフ,☆2019年モデル☆【朝日ゴルフ】【キャディバッグ】,TDCB-1873,16038円,カート,キャディバッグ,evilforse.com,アサヒゴルフ,ローラーC,C.BAG,ターフデザイン,【ローラー付き】 ☆2019年モデル☆ 朝日ゴルフ 初売り キャディバッグ ローラー付き ターフデザイン TDCB-1873 ローラーC カート アサヒゴルフ ROLLER DESIGN TURF C.BAG 帆布風 16038円 ☆2019年モデル☆【朝日ゴルフ】【キャディバッグ】 【ローラー付き】 朝日ゴルフ ターフデザイン TDCB-1873 ローラーC カート キャディバッグ TURF DESIGN ROLLER C.BAG 帆布風 アサヒゴルフ スポーツ・アウトドア ゴルフ バッグ・ケース キャディバッグ DESIGN,TURF,ROLLER,スポーツ・アウトドア , ゴルフ , バッグ・ケース , キャディバッグ,帆布風,/microbe91243.html,朝日ゴルフ,☆2019年モデル☆【朝日ゴルフ】【キャディバッグ】,TDCB-1873,16038円,カート,キャディバッグ,evilforse.com,アサヒゴルフ,ローラーC,C.BAG,ターフデザイン,【ローラー付き】 ☆2019年モデル☆ 朝日ゴルフ 初売り キャディバッグ ローラー付き ターフデザイン TDCB-1873 ローラーC カート アサヒゴルフ ROLLER DESIGN TURF C.BAG 帆布風 16038円 ☆2019年モデル☆【朝日ゴルフ】【キャディバッグ】 【ローラー付き】 朝日ゴルフ ターフデザイン TDCB-1873 ローラーC カート キャディバッグ TURF DESIGN ROLLER C.BAG 帆布風 アサヒゴルフ スポーツ・アウトドア ゴルフ バッグ・ケース キャディバッグ

☆2019年モデル☆ 朝日ゴルフ 初売り キャディバッグ ローラー付き ターフデザイン TDCB-1873 ローラーC カート アサヒゴルフ ROLLER DESIGN 今ダケ送料無料 TURF C.BAG 帆布風

☆2019年モデル☆【朝日ゴルフ】【キャディバッグ】 【ローラー付き】 朝日ゴルフ ターフデザイン TDCB-1873 ローラーC カート キャディバッグ TURF DESIGN ROLLER C.BAG 帆布風 アサヒゴルフ

16038円

☆2019年モデル☆【朝日ゴルフ】【キャディバッグ】 【ローラー付き】 朝日ゴルフ ターフデザイン TDCB-1873 ローラーC カート キャディバッグ TURF DESIGN ROLLER C.BAG 帆布風 アサヒゴルフ





|メンズ |カート |5分割 |47インチ対応 |合成皮革 |ポリエステル
100年の時を経て甦る近代陶磁の至宝 オールドノリタケ アンティーク 金彩草花文ボウル【送料無料】【u4491】【中古】
ラベル: PRINCETON(プリンストン) 〔タッチペン:静電式〕 アクティブスタイラス COUPY PENCILコラボ ももいろ RPSA-TPRCP-PK RPSATPRCPPK

2021年11月17日水曜日

Lymphogranuloma Venereum(LGV)

 (Clinical Infectious Diseases® 2015;61(S8):S865–73)(Can Fam Physician. 2016 Jul;62(7):554-8.)

Lymphogranuloma Venereum(LGV)

LGVは侵襲的血清型(L1, L2, L3)のChlamydia trachomatis感染により引き起こされる病態.

・Serovar Lは所属リンパ節へ浸潤しやすいタイプであり,
 Serovar A~Kとは異なる臨床症状を呈する(後述).

・LGVには3 phaseあり,
 

 先ず無痛性の丘疹や潰瘍が感染部位に生じる(陰茎や直腸)
 

 その後所属リンパ節へ浸潤する: 鼠径LNや直腸周囲・骨盤, 後腹膜LN.
  

 最後に不可逆性の組織障害を生じる
: 深部組織の膿瘍形成や絞扼, 裂孔, 慢性疼痛

・古典的なLGVは陰部からの感染, その後鼠径LNへの浸潤となる経過であるが, 近年 先進国で診られるLGVはMSM患者における直腸炎, 直腸結腸炎に合併するLGVのパターンが多い

 直腸潰瘍, 出血, テネスムス, 下腹部痛を認め, 長期的には孔門周囲膿瘍, 裂肛, 発熱や倦怠感などの全身症状を認める. HIV感染症との合併例の報告が多い


Chlamydia trachomatisには15種類のSerovarがある

・主に3つに分類される;
 

 トラコーマ(眼球結膜感染): Serovars A, B, Ba, C
 

 陰部, 生殖器感染症: Serovars D~K
 

 LGV: Serovars L(L1-3)

・Serovar A~Kは粘膜表面の感染が主となる.


・Serovar Lは粘膜表面の感染から, 単球やマクロファージに感染し, 粘膜下組織や所属LNへ播種する.

・Serovar D~Kは無症候性が多く, PIDや精巣上体炎は生じることはあるものの, 稀である.

 
一方でSerovar Lは症候性が多く, 前述の通り3つのPhaseで進行する
 Primary stage, Secondary stage, tertiary stage


LGVのStage:

Primary stage: 患者が気づかないことも多いが,
 感染後3-30日を経て暴露部位(生殖器や直腸, 咽頭)に局所的な炎症を認める.

・一過性の丘疹であることが多い. 潰瘍を生じることもある

・直腸に感染すると直腸炎症状を生じる(肛門痛や出血, 粘血便, テネスムスなど). 

 ヘルペスや淋菌, 痔核, 細菌性腸炎, ベーチェット病, IBDなどとの鑑別が重要となる.


Secondary stage: primary stageの2-6wk後に生じる.
 所属リンパ節や粘膜下組織への侵襲と, 消耗症状を伴う(発熱や悪寒, 筋痛, 関節痛)

・一部では無症候のこともある

・鼠径リンパ節浸潤例では, 片側性, 有痛性の硬いリンパ節腫大となり,
 鼠径リンパ節や大腿リンパ節で生じる. 

 “Buboes"と呼ばれる
 

 化膿したり, 潰瘍化したり, 皮膚に裂孔を生じ, 膿を排泄することもあり

・直腸から浸潤する症例では, 直腸炎や骨盤/後腹膜リンパ節への浸潤により下腹部痛や背部痛を生じる.


 体表からリンパ節腫大はわからず, 画像上認められることが多い

・リンパ節の組織所見はリンパ組織球, 形質細胞の高度な浸潤を認め,
 肉芽腫形成は稀


Tertiary stage: 無治療で経過すると, 不可逆的な組織障害を生じる.

・慢性的なリンパ管炎によりリンパ流の障害を生じ, リンパ浮腫が生じる

・直腸障害例では, 直腸周囲膿瘍や痔瘻, 腸管狭窄が生じる可能性がある.


LGVの診断

・Chlamydia感染症の診療と同様に,
 感染部位から採取した検体のPCRを評価することは重要.
(尿道, 膣, 直腸, 咽頭など)

・血清学的検査の位置づけはGuidelineにより意見が分かれており,
 

 カナダのガイドラインでは推奨されない: 低値でも否定できないため. また血清学的検査ではSerovarの判定もできないため.
 

 米国や欧州のガイドラインでは補助診断として推奨されている: LGVでは他のSerovarと異なり深部の感染となるため, その分抗体産生も亢進していることが示唆されている. 

 Immunofluorescence titer >1:256はLGVを強く示唆する所見とする報告もある.


LGVの治療

・経口ドキシサイクリン100mgを1日2回, 21日間投与を推奨


 代替として, エリスロマイシン500mgを1日4回, 21日間
 

 またはアジスロマイシン1gを週1回, 3週間.

・これはLGV以外のクラミジア感染よりも長期間となる
(アジスロマイシン1gを1回, または100mgのDOXYを1日2回, 7日間)

・臨床症状や所見が改善するまでしっかりフォローすることが重要


 PCR陽性となった症例では, 陰性化を確認することも推奨される.

・パートナーの検査, 治療も重要.
 

 LGV患者とコンタクトがあったパートナーの場合, 無症候でもLGVと同様の治療が推奨される(MSMのLGVの25%は無症候).

・HIVリスクがある場合はHIVの評価も.

(JEADV 2019, 33, 1821–1828)

2021年11月16日火曜日

COPD急性増悪時のステロイドの投与量

 (Chest. 2021 Nov;160(5):1660-1669. doi: 10.1016/j.chest.2021.05.024.)

COPDの急性増悪では, PSL 30-40mg/dのステロイドを, 5-14日間投与することが各種ガイドラインより推奨されているが, 実際どの程度の投与量が適切かは不明確である


中国におけるOpen-label RCT.

40歳以上のCOPD急性増悪で入院した患者群を対象とし, ステロイドの投与量と予後を評価

・急性増悪はCOPD患者における呼吸器症状の増悪で定義

・除外項目は喘息, 1ヶ月以内のGC使用, 画像上肺炎, 気胸, 肺血栓塞栓症を認める症例, 左心不全, コントロール不良の高血圧, 人工呼吸器が必要となる病態

・ステロイドはPSL 40mg/dを投与するControl群と,

 
各患者の因子により調節する群に割り付け, 治療成功率, 予後を比較.

・ステロイドは5日間使用する

・抗菌薬やSABA吸入は両群で通常の治療として行われる


PSL計算式

・0.5mg x 体重(kg) x (1+点数)

 最低は点数-1で, PSL 0mg

 最大は点数+4で, 2.5mg/kg

・Anthonisen typeは,
 呼吸苦増悪, 喀痰増量, 膿性喀痰の
3項目を評価し,
 

 Type 1が3項目すべて認める
 

 Type 2が2項目認める
 

 Type 3が1項目認める 
(症状が少ないほどPSLを増やす?)


母集団


アウトカム

・治療失敗リスクは 有意に個別化したGC投与群で低い結果

 短期的な治療失敗リスクが低下し, 中期的には有意差はない

・院内治療失敗: 死亡, 人工呼吸器使用, GCの追加, アミノフィリン使用, 抗菌薬のUpgrade, 呼吸苦の持続, 気管攣縮, 他の呼吸器症状の増悪

・短期治療失敗: 院内治療失敗+1ヶ月以内の再入院, 死亡

・中期治療失敗: 死亡, COPD増悪による再入院(退院後≤180d)


この母集団における個別化したPSL投与量はおよそ55-60mg/d

・PSL投与の総量は, 個別化群で318mg[0-880], Control群で309[160-1800]

・Rescue Doseの必要総量が, Control群で有意に多く,

 
個別化群で140mg[80-395] vs Control群で380mg[150-730]


 Control群ではより長期間のRescue doseとなりやすい


----------------------

従来のPSL 30-40mg/dではCOPD急性増悪時の対応としては少ない可能性がある.

各患者の因子で調節した, 個別化したPSL投与量調節を行うことで, 短期的なアウトカムを改善させる可能性がある.

2021年11月14日日曜日

再発性口腔内アフタ Recurrent Aphthous Stomatitis

しばしばベーチェット病などを疑われて繰り返す口腔内潰瘍の紹介があります.

その時に常に考慮するこの疾患. 改めてReviewをいくつか読んでみました.

(Minerva Stomatologica 2018 June;67(3):125-8)(Dent Clin N Am 58 (2014) 281–297)(Arch. Immunol. Ther. Exp. (2014) 62:205–215)

Recurrent Aphthous Stomatitis

・頻度の高い口腔内潰瘍性疾患であり,
有痛性, 浅く, 辺縁明瞭な紅斑を伴う, 灰黄色の偽膜を伴う潰瘍

・アフタ出現前2-48時間に前駆症状として焼けるような疼痛を自覚する

・特に基礎疾患のない健常人に生じ, 主に頬粘膜や口唇粘膜, 舌に生じやすい

・一般人口の5-25%でRASが認められるとされる.

 
疾患定義や人種により頻度はばらつきがある.

・両親にRAS既往があると, 子供にも90%で認める報告がある
(既往がない場合は20%)

・後発年齢は10-19歳であり, 成人や高齢者で生じる場合は全身疾患に付随したものや免疫不全, 血液疾患, CTDを考慮する.

・同様に口腔内粘膜病変を生じる疾患として,
 ベーチェット病や周期性好中球減少症, 再発性のヘルペス,
 HIVによる口腔内潰瘍, IBDに伴う口腔内潰瘍が鑑別として重要


RASはMinor, Major, Herpetiform ulcerの3つに分類.

・Minorが80-85%を占める. 10mm未満の潰瘍で, 瘢痕を伴わず改善する. 別名Mikuliczアフタ

・Majorは1cmを超える潰瘍で, 数週〜数ヶ月持続し, 瘢痕を伴う


 全体の10%程度
別名Sutton病, Periadenitis mucosa necrotica recurrensとも呼ばれる

・Herpetiformは口腔粘膜全体に集塊状に多発する潰瘍. 潰瘍は2-3mmと小さい潰瘍だが, 大きいものも稀ではない. 
全体の1%程度と稀. ヘルペス感染との関連はない.


RASのEtiologyは未だ不明確である.

・免疫機序, 遺伝的機序, アレルギー, 栄養, 感染など複合的な要因が指摘されている. 

 また薬剤の関連もあり(カルシニューリン阻害薬など)

・HLAは,
HLA-A2, B5, B12, B44, 
B51, B52, DR2, DR7, DQの
関連が報告あり

・RASにおけるサイトカインの変化


RASの臨床経過, 特徴

・潰瘍出現の2-48h前に前駆症状として焼けるような痛みを自覚

・その後潰瘍が出現. 潰瘍は中心は浅く, 周囲の発赤は明瞭.
潰瘍部は黄灰色の偽膜を形成する.

・Minorは<10mmで, 10-14日の経過で瘢痕を伴わずに改善する
 

 アフタは最初の4-5日は非常に痛く, 食事摂取ができないこともある


・Majorは>10mmで, 数週〜数ヶ月持続. 瘢痕を伴う.

・BDやHIVに伴う口腔内潰瘍はMajorアフタに類似する

・病理所見は非特異的. 

 粘膜下の炎症性単核球の浸潤と肥満細胞浸潤
結合織の浮腫, 好中球の浸潤

・RAS病変の発症は細胞介在性免疫反応, T細胞の産生, TNF-αの産生と関連していると考えられる.

 RAS患者の末梢血単核細胞より多量のTNF-αが分泌されていることをも明らかになっており, TNF-αはRASの病因に重要な役割を果たしている可能性がある.


RASの対応, Management

Minorで頻度も少なければ外用薬で対応する


・NSAIDや鎮痛作用のある口腔内外用薬,
リドカインビスカスなど.

・症状が強く, 頻度も多い場合は外用ステロイドを考慮


 早期に使用することで潰瘍の持続期間の短縮や大きさの縮小効果が期待できる.

・抗菌薬の外用(テトラサイクリンなど)も鎮痛や治癒までの期間の短縮効果が報告されているが, アレルギーや口腔カンジダリスク上昇もあり, 注意が必要

 
(テトラサイクリンによる抗菌作用+抗炎症作用が期待できる)


外用治療はほぼ全てのRASで有効であるが, 
新規病変の予防効果はなく, 
Majorや頻回のMinorには不十分であることが多い

・上記患者群では内服治療考慮するが, リスク-ベネフィットを十分考える必要がある.

・短期的なPSLの使用はMajor RASで考慮される.


 長期的投与は副作用の観点から避けた方が良い.

・予防目的ならば, PSLではなく, 他の代替薬を考慮する.

 コルヒチンやダプソン, サリドマイドの報告がある

2021年11月10日水曜日

水泳による肺水腫: Swimming Induced Pulmonary Edema

(CHEST 2021; 160(5):1789-1798)

 Swimming Induced Pulmonary Edema. 水泳による肺水腫

・開放水域(主に冷水内)での水泳や潜水をきっかけとして, 
肺水腫を生じることがある

・急性の呼吸苦, 咳嗽を認める. 
さらに稀ではあるが, 著明な喀痰の増量や血痰を伴う例もある

・水泳の中断で症状は改善するが, 
ダイビング中に生じて事故につながる例もある.

・SIPEは典型的には基礎疾患のない健常人で生じる

SIPEの機序や病態生理, リスク因子はまだ完全に解明されてはいない.

・主な機序としては: 
冷水内での運動により, 末梢血管が収縮し, 中枢の血液プールが増加する.
その結果肺動脈圧の上昇, 毛細血管のダメージが生じ, 肺水腫が生じる


SIPEの頻度

スウェーデンの大規模Open-water swimming eventである Vansbrosimningenにおいて, SIPEの頻度を前向きに調査した報告

・このイベントでは, 15-20度の川で, 1000m, 1500m, 3000mの水泳を行う.


 参加者は>10歳の男女. 毎年11000人が参加する.

・2016-2019年に開催されたこのイベントにおいて,
 移動式医療ユニット(MMU)に咳嗽や呼吸苦で受診した患者を評価し, SIPEの頻度を調査.

・2016年はPilot studyとして, 本格的な調査は2017-2019年に行われた.


 症状, 経過, 身体所見よりSIPEを評価. 

 2018-2019年では肺エコーも施行し肺水腫を評価した.


アウトカム

・18歳以上の参加者の合計は45913名. 男性47%と男女はほぼ同等

 
水温の平均は17.3±1.5度, 気温の平均は18.3±6.8度

・MMUに受診した成人は405名. 322(80%)が呼吸器症状

・SIPEと判断されたのは, 2016-2019年を通して211例.
 頻度は0.44%[0.39-0.51]


 2016年は0.34%, 2017年は0.47%, 2018年は0.41%, 2019年は0.57%と年間で大きな差はない

SIPEの90%が女性(190例). 参加者に男女差はなく, 女性はリスクが高い.

 
女性参加者では0.75%, 男性参加者では0.09%

・また, 高齢者ほどリスク.

 
18-30歳では0.08%, 31-40歳では0.26%, 
41-50歳では0.65%, 

 51-60歳では0.76%, ≥61歳では1.1%

2021年11月9日火曜日

SLE患者の骨髄所見って? 自己免疫性骨髄線維症とは

これはかなり以前に診療した症例:

20台の女性. 3年前にSLEを診断され, PSL, CyAにて治療されていた.

PSL減量とともに再燃し, その際汎血球減少が認められた.

炎症反応増加, 亜急性経過の血球減少, 皮疹の増悪, 軽度の脾腫などがあり, Macrophage activation syndrome, 血球貪食症候群の可能性も考慮し, 骨髄穿刺を行うとDry tap.

そのまま骨髄生検を行ったところ, Reticulin線維の増生が高度に認められ, ”骨髄線維症”という診断であった.


自己免疫性骨髄線症と判断し, ステロイドの増量, 再度寛解導入を試み, その後血球は改善.

数カ月後施行した骨髄穿刺ではDry tapは改善しており, 線維症所見も改善が認められた.


--------------------


SLE患者の骨髄所見ってどのような所見が多いのだろうか?


SLEと血球減少

・SLEでは溶血性貧血やITP, 自己免疫性好中球減少, リンパ球減少など血球減少を伴うことは多く経験する.

SLEと白血球減少では,  未治療のSLEではリンパ球減少が主体.
 好中球減少では自己免疫性好中球減少症の関連が知られている

 治療中のSLEのWBC減少では薬剤性, SLE再燃, Viral infection, 
敗血症, 血球貪食症候群, MAS, Evans syndromeを考慮する.

 SLE + 血球減少(+)患者115名の解析では,

 
Leukopenia(<4000/µL) 57.4%

 
Neutropenia(<1800/µL) 20.0%

 
Lymphopenia(<1500/µL) 81.7%  (Hematology 2007;12:257-61) との報告もある

SLEに伴う貧血はACDが最多で約40%


 溶血性貧血はSLE患者の5-10%で合併する

 他には出血, 鉄欠乏性貧血, TTP, 
赤芽球癆など様々な原因がある

 SLE+Anemia患者の
原因頻度

Group

SLE+anemia *1

SLE + Anemia + α *2

Design

Prospective cohort


N

132(38.3%)

115

母集団

345




貧血は89.6%

ACD

49(37.1%)

46.1%

鉄欠乏性

47(35.6%)

16.5%

AHA

19(14.4%)

27.8%

その他

17(12.9%)


 βサラセミア

3


 Cyclophosphamide

2


 慢性腎不全

8


 TTP

1


 PRCA(赤芽球癆)

1


 悪性貧血

1

3.48%

*1 Ann Rheum Dis 2000;59:217-22


*2 Hematology 2007;12:257-61


SLEと血小板減少症

 自己免疫性血小板減少性紫斑病, 抗リン脂質抗体症候群, 
TTP, 再生不良性貧血, 血球貪食症候群, DIC, 出血, 薬剤性と様々ある

 自己免疫性血小板減少はSLEの20-40%で合併するが, 
重度の血小板減少は<5% (Rheumatology 2003;42:230-4)

 SLE + 血球減少(+)患者115名の解析では,
 

 PLT<150k/µL 40.0%


 PLT<100k/µL 26.1%

 
PLT<50k/µL 8.0%  (Hematology 2007;12:257-61)

SLEと汎血球減少症

 SLE+ (Evans syndrome, DIC, 出血+血小板消費)

 Vit B12欠乏, 悪性貧血

 血球貪食症候群, MAS, 骨髄線維症 で汎血球減少を生じる.


SLE患者の骨髄所見はどのような所見があるのだろうか?


SLE患者で血球減少(+)があるCaseの骨髄所見

(Clin Rheumatol 1998;17:219-22)

・Hb<10g/dL and/or WBC<4000/mcL and/or PLT<150kのSLE患者21名で骨髄生検


骨髄生検前2mo間の間はどの症例も免疫抑制療法は行っていない.
また, 11名(52.4%)は今まで一度も免疫抑制療法を行っていない患者.

・骨髄所見

・Reticulinの増加は16/21(76.2%)で認められた

 Mildが12例, Moderateが3例, Severeが1例.

・Dry tapは4例で認められ, その全例がreticulin増生が認められた.

 後に骨髄線維症と診断されたのは1例のみであり,
 その症例では軽度の脾腫とPancytopeniaを認めた.

・Teardrop cell, Leukoerythroid reactionは認めず, 
骨髄所見ではAtypical megakaryocyteの集積が認められた.

・Necrosisは4例(19%) その全例でReticulin増生を認める.


原因が明らかではない血球減少を伴うSLE症例 40例の骨髄所見を評価. Controlとして不応性貧血を認めるMDS患者10例の骨髄所見と比較した.

(Am. J. Hematol. 81:590–597, 2006.)

・血球減少の定義はHb≤12g/dL, Neu ≤1500/µL, PLT ≤10マン/µL.

・原因が明らかではない: 鉄欠乏, 葉酸, Vit B12欠乏, 薬剤正, 自己免疫性, 微小血管内溶血が否定的と判断された症例を対象.

骨髄所見: 正形成〜過形成骨髄が42.5%, 低形成が半数以上.
 

 ALIP(abnormal localization of immature precursors)は67.5%
 

 骨髄壊死が90%(軽度57.5%, 中等度22.5%, 高度10%)

 赤芽球や巨核球の異形性も多い

・Retibulinは全体的に増加し,
 

 軽度増加が47.5%(Bauermeister 2+)


 著明に増加が30%(3+)

 
微妙に増加が20%(1+)


フランスのCohort “lupus marrows”の解析

(QJM. 2017 Nov 1;110(11):701-711. doi: 10.1093/qjmed/hcx102.)

・SLEを診断され(SLICC基準), さらに骨髄の異常が認められた患者群で, 且つ他の原因による骨髄異常が否定された患者群を評価

・30例が登録された. 
年齢中央値は36歳[範囲18-71歳]

 
SLEと同時に診断された例が12例. SLE診断後に診断された例が18例

骨髄所見は,


 骨髄線維症が57%(17), 赤芽球癆が27%(8), MDSが10%(3),
 

 再生不良性貧血が1例, 無顆粒球症が1例ずつ.

・脾腫は6例で認められ, 骨髄線維症症例では5/17で脾腫(+)であった


タイのSrinagarind Univ. Hosp.における前向きCohort

(Clinical and Experimental Rheumatology 2012; 30: 825-829.)

・2009-2011年に診療した16-60歳のSLE患者で, 
以下の2つ以上を満たす血球減少を認めた患者を対象.
 (a)Hb<10g/dL, (b)WBC<4000/µL, (c)PLT<10マン/µL

・除外項目: 妊婦, ウイルス性肝炎, HIV感染, 肝硬変, 脾腫, 血液疾患の既往がある患者.

・上記を満たす患者で骨髄穿刺, 生検を施行

・41例で骨髄検査を施行. このうち20例で異常所見を認めた


 10例が低形成骨髄, 7例が形質細胞浸潤
, 6例が血球貪食, 2例が赤芽球異形成
, 2例が再生不良性貧血, 1例が骨髄繊維症

 Reticulin線維の増加は5例で認められた.


・血球減少の程度と骨髄異常所見の頻度:

 血球減少が高度なほど骨髄に異常所見を認める例が多い


血球減少を伴うSLEでは, 

骨髄異形性や骨髄線維症に類似した所見,

低形成骨髄, 再生不良性貧血といった骨髄不全を呈する所見

形質細胞浸潤を伴う所見

赤芽球癆

骨髄壊死所見が認められることが多い.


SLE患者における骨髄線維症が認められる例があり,
 AIMFと呼ばれる.

・AIMF: Autoimmune Myelofibrosis. 主にSLEやpSS, まれに強皮症で合併することがある.

 特発性のPrimary AIMFもある. (SpringerPlus 2014, 3:349)

骨髄異形性は免疫抑制療法により改善する例も多い(Inter Med 47: 737-742, 2008 )


AIMF: Autoimmune Myelofibrosisとは

(Am J Clin Pathol 2001;116:211-6)

・SLE, SLE-like disease, 稀にSjogren, Progressive SScに
合併する2次性のMyelofibrosis

・Primary Myelofibrosisでは治療は骨髄移植やJAK阻害薬であるが, AIMFではステロイド治療, 免疫抑制療法が治療となり得る.

・女性に多く, 報告されたCaseの大半が<40歳で発症している.

・自己免疫性疾患を示唆する自己抗体, 低補体を認め, 
直接Coomgs testが陽性となることが多い.


1966-2000年に報告された25例のLiterature review
(Am J Clin Pathol 2001;116:211-6)

骨髄所見

頻度

ステロイド投与前後の骨髄所見

頻度

Hypocellularity

10/21

骨髄線維所見は不変

7/15

Hypercellularity

8/21

上記のうち5/7は血球数は改善を認めた

Normocellularity

3/21

骨髄線維所見は改善

8/15

Megakaryocytic hyperplasia

13/18

線維組織量減少

4

Megakaryocyte cluster

4/4

完全寛解

2

Fibrosis

全例

完全寛解+血球数も改善

2


AIMFとCIMFの違い:

(Am J Hematol 2003;72:8-12)

・CIMF: Chronic Idiopathic Myelofibrosis. 一般的な骨髄線維症

・CIMFではMassive splenomegalyを認める場合が多く, しばしば診断根拠ともなるが,
 AIMFでは触知できるほどの脾腫は少ない.

 CIMFの62.5%で, 肋骨弓下6cmに達する脾腫を認める.

・AIMFでは, 脾臓での造血が行われていないことが多いため,
 脾腫が軽度であり, 末梢血所見も目立たないと説明されている.

・AIMFでは骨髄内に浸潤したリンパ球によるCytokinesが骨髄の線維化に関与していると考えられており,
 AIMF, CIMF双方とも, リンパ球の骨髄内浸潤は認め得る.

・AIMFではT cell, B cell双方の浸潤が認められるが,
 B cellはpolyclonalであるため, その点でLymphomaとの鑑別が可能.

特徴

CIMF

AIMF

脾腫

中等度〜著明

触知できる脾腫は稀

末梢血所見



Teardrop poikilocytosis

特徴的な所見

認めるが少数のみ

Leukoerythroblastosis

特徴的な所見

少ない

骨髄所見



集合した異型Megakaryocyte

90%で増加

Rare

Eosinophilia

Common

Rare

Basophilia

Common

Rare

Osteosclerosis

54%で認める

Rare

Lymphocyte集合

Common

Common


SLEとAIMF

(Leukemia and Lymphoma 2000;39:661-5, 
Clinical rheumatology 1989;8:402-7, 
Medicine 1994;73:145-52)

・SLEに合併するAIMFが最も報告例が多い.

 SLEの診断を満たさないまでも, SLEに類似した疾患に合併することもある.

・SLEと同時に診断される例もあれば, SLE診断後1-9yrでAIMFを発症することもある

・直接Coombs testは40-50%で陽性となる.

・低補体血症は80-90%で認める

・他のAIMF, Primary AIMFと同様, 脾腫は軽度であることがほとんど.

・骨髄所見も他のAIMFと同様の所見. 低形成〜過形成まで様々.


 SLEに伴うAIMFでは, Hypercellularであることが多い.

・ステロイドへの反応性が良好であり, 
改善速度は緩徐ながら, ほぼ全例が改善を認める.

・血液検査では肝酵素上昇は通常認めない.
また, 発熱はあってもMild Fever程度であることが多い.

2021年11月1日月曜日

低栄養、アルコール多飲患者でのミオクローヌス. 想起すべき栄養障害は?

低栄養のアルコール多飲患者.

数ヶ月の経過で認知機能障害, 失調による歩行困難, ミオクローヌスを生じて受診.

栄養障害として, ビタミンB1, B12, 葉酸, 銅欠乏は全て否定されている.

他に想起すべき栄養障害は? また疾患は?

ちなみに皮膚炎や, 下痢はぱっと見ない.


--------------------------






ペラグラ脳症

ペラグラにについては以下も参照

ペラグラ (Vitamin B3欠乏症)


Pellagra encephalopathy: ペラグラは必ずしも
3Ds(dementia, diarrhea, dermatitis)が揃うわけではない.

・特にアルコール依存によるPellagraでは,
 ビタミンB3の欠乏が早いため, 皮膚炎を生じないことがある.


 また生じても軽度のみのため, 気づけないこともしばしば.

・アルコールによるPellagraでは, 脳症が主となるパターンがあり,


 意識障害, 幻覚, トーヌスの亢進, 失調, ミオクローヌスを高頻度で認める. 

・ミオクローヌスは50%で認められる報告もあり.

 
他のアルコール関連の脳症では, ミオクローヌスを認めるものは稀であり, アルコール関連でミオクローヌスが認められた場合, Pellagra脳症を疑うきっかけとなる.

(Neurol Clin Pract. 2015 Dec;5(6):472-474.)


数ヶ月の経過で進行する認知機能障害, 神経精神症状,
 失調, ミオクローヌスという経過から, CJDに類似する

・臨床的にCJDが疑われ, 最終的に除外された59例のうち, 
 5例でPellagra脳症であったとする報告もある.

・36M以内の経過で進行(発症〜死亡まで)した認知機能障害患者で, CJD Surveillance Unitに1998-2009年に紹介された患者を対象.

・230例が紹介され, 神経病理学検査は223例で施行.
164例でCJDを確定診断. 7例は可能性が高いと判断された.
 残りの59例ではCJDが除外された

・59例の最終診断

・Pellagra脳症と判断された5例

 失調は4/5, ミオクローヌスが2/5で認められる

(Metab Brain Dis (2012) 27:231–235)


アルコールによるPellagra脳症 22例の解析

・死後に剖検され, ニューロンのDiffuse chromatolysisが認められた症例

・13例はMarchiafava-Bignami病, Wernicke-Korsakoff病との合併あり

・トーヌスの亢進が高頻度に認められ,
ミオクローヌスは10±2 /22とおよそ半数で認める

・ミオクローヌスは刺激性のミオクローヌスであり脳幹病変の関連が
予測される. 

(Brain 1988;111:829-842)

前の投稿 ホーム